法律を司る弁護士について説明します

日本では法律が適用されます。
それを逸脱した行動をすると罰せられます。
そうなので、日本

弁護士はトラブル解決のプロ

何らかのトラブルに巻き込まれた時、話し合いで解決したいと思うのが普通です。
しかし相手もそう思

法律 弁護士について

弁護士がいる事務所を法律事務所と呼びます

法律事務所と弁護士事務所というのは、どのように違うのでしょうか。
実はこれはほとんど同じで、通常法律事務所というのは、弁護士が業務を行う事務所のことを指します。
業務内容は裁判所での代理人業務、そのための書類作りと法務関連の相談が中心です。
元々は個人での開業が多かったのですが、最近は特に大都市などを中心に、法人組織も見られるようになりました。
法人組織の場合は人数が多く、他の士業の資格者と仕事をすることも多いので、大きな案件や複雑な案件を引き受けられるのがメリットです。
またそれとは別に、司法書士事務所というのもあります。
司法書士は元々登記や相続に関わる仕事が中心でしたが、最近は民事関係の訴訟であれば、弁護士同様に一部の代理業務ができるようになりました。
この代理業務ができる司法書士のことを、認定司法書士と呼びます。
ただし権限は限られており、刑事事件を扱うことは禁じられています。
そのため、司法書士の事務所を法律事務所と呼ぶことはあまりありません。

脂肪吸引年間1400部位の実績!

殺菌を目的とした次亜水供給システム

大阪のエアコンクリーニングでお部屋を綺麗に