法律 弁護士について

弁護士の法律業に関して

法律を縦横無尽に用いて人を助けたり活躍するには、資格が物を言うでしょう。
これも知らない人がいるかもしれないので書きますが、実は弁護士資格のない者が有償でその領域のことを行うと、罰せられるというルールも定められているので注意しておいて下さい。
それに、依頼者からお金を手に入れていかないと活動に専念するのは容易でないため無料で行うには限度があるでしょう。
なので、頑張って司法試験を突破して弁護士になるべきなのです。
司法試験突破自体がとても大変なもので、難易度が高いとされているので、そこまでに到達するまでに法律家として成長可能でもあります。
後、勉強と実際の法律で仕事をすることには開きがありますのであなたが携わりたい専門分野の弁護士の事務所で、下積みを積むのが一番最短距離だと思います。
自分の勘で上手く行く超天才も中にはいますが、そこに入るか分からない場合は無難に有力者の下で励むのが、失敗を避けられる良い生き方だからです。